労務指導

みなさまの企業にお勤めの従業員の福利厚生のために、社会保険・労働保険・退職金などについてご相談をお受けしています。

社会保険

全ての法人事業所や、常時5人以上の従業員を雇用している一般の個人事業所(飲食・サービス・農林漁業を除く)は事業主や従業員の意思に関係なく、健康保険・厚生年金に加入しなければならないことになっています(強制適用事業所)。逆に従業員が5人未満の個人事業所でも、一定の手続きをして都道府県知事の認可をうければ健康保険・厚生年金の適用を受ける事ができます。

労働保険

従業員を一人でも雇用する事業主は業種を問わず、すべて労働保険(労働者災害補償保険・雇用保険)加入しなければなりません。